読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「会社を見る目」を養うブログ

普段からたくさんの会社と接する仕事をしています。良い会社には見極め方をまとめていきます。

燃える都議選

都議会議員選挙に向けて自民党都民ファーストの会の対立激化

場所を変えての党内派閥対立という見方もできる。安倍派対石破派の対立だ。

見方を変えれば、自民対野党勢力ともとれるし、そのまま自民対都民ファーストの会でもOKだ。

とにもかくにも熾烈な戦いであることには間違いがない。


注目選挙区の一つが大田区だ。定数が多く、乱立する選挙区。
似た名前も多くなったりする。

例えば鈴木晶雅都議とか、同じ鈴木姓がたくさんいたりするので、毎回間違われたりすることもあるだろう。名がまた、ちょっと難しいから、鈴木あきまさとひらがなで標記しようものならば、Googleにしつこく間違われる。

 

政治も時代が変わり、名前を売るのも大変である。あった人だけでなく、ネットでも名前を売らなければならないのですからね。

 

さて、その鈴木晶雅都議のプロフを引用しておきます。

[生年月日] 昭和33年6月29日生まれ
[星座] かに座
[血液型] O型
[政治信条] 千万人と雖も吾往かん(孟子
一業に徹し、一隅を照らす
[家族構成] 妻、長男(大学生)、娘3人(既に嫁ぐ)
犬(エルマー2才)、猫(サスケ15才)
[趣味] 銭湯めぐり、民謡、詩吟、油絵、スイミング
鈴木晶雅(すずきあきまさ)
 

経歴

東京都立大森高等学校・日本大学法学部政治経済学科卒業
昭和57年より、衆議院議員石原慎太郎 秘書(公設第一秘書)

平成3年 大田区議会議員初当選、三期10年勤める。
大田区議会防災対策特別委員長・文教児童委員長・議会運営委員長・企画総務区民委員長、自民党大田区民連合政調会長自民党東京都連青年部副部長を歴任
平成15年4月 東京都議会議員に初当選
平成17年7月 二期目当選。都議会・公営企業委員会 理事、厚生委員会 副委員長、議会運営委員
都議会自民党 副幹事長に就任
平成18年 都議会自民党政調会長就任
平成21年 三期目当選。都議会経済港湾委員会理事、自由民主党幹事長代行 就任
平成23年8月~
平成24年8月
東京都議会自民党政務調査会長に就任
平成25年6月 東京都議会議員選挙 4期目当選
平成25年8月 東京都議会財政委員会 委員
中央卸売市場運営協議会 委員
東京都港湾審議会 委員
空港線建設促進研究会 会長
平成25年9月 東京都外かく環状道路建設促進議員連盟 幹事長
『東京を世界で一番の都市に!』東京都議会自民党 政策推進総本部 産業政策推進本部長
東京都議会自民党ゲートボール議員連盟 幹事長
日本、ミャンマー友好東京都議会議員連盟 副会長
平成26年8月 経済・港湾委員会 副委員長に就任
平成27年2月 東京都議会予算特別委員会 委員長に就任
平成27年10月 東京都議会文教委員会 委員に就任
公益財団法人東京都歴史文化財団評議員に就任
平成28年10月 東京都監査委員 全国都道府県監査委員協議会連合会 会長に就任
豊洲市場移転問題特別 委員会副委員長に就任
経済・港湾委員会 委員に就任
  現在、大田区保護司、臨海部水辺活性化促進議員連盟会長 等として活躍中

 

是非、名前を間違えずに、顔も覚えていってください。

広告を非表示にする

博愛社、セレモア(旧セレモアつくば)など評判の「JECIA5つ星格付け葬儀社」

評判の悪い一部の悪質な業者のために、業界全体がマイナスイメージを持たれてしまうことがあります。そのひとつが葬儀業界。お葬式準備の慌しさにつけ込み、法外な価格で骨壺を売りつけるといった被害が後を絶ちません。

【コラム-こんなトラブルが起きています】葬儀トラブルの実例|葬儀相談員 市川愛事務所 リリーフ

しかし、普段の生活の中では葬儀会社との接点が少なく、良い会社を選ぼうにも選びにくい現状があります。そこでつくられたのが「5つ星格付け葬儀社」という仕組みです。

評判の5つ星格付け葬儀社とは

5つ星格付け葬儀社の選定は、一般社団法人日本儀礼文化調査協会が行なっています。元大蔵省財務局長や経済学博士などの第三者が厳正な審査を行い、格付けを行います。5つ星格付け葬儀社に認定されると、HPの一覧に企業名が公開されます。自分の住んでいる都道府県の5つ星格付け葬儀社を探してみるとよいでしょう。ここから調べることができます。

地域別5つ星認定葬儀社|一般社団法人 日本儀礼文化調査協会−JECIA

5つ星認定葬儀社に選ばられるような葬儀会社は、こだわりを持ったお葬式を行なっているだけでなく、地域活動などの社会貢献も怠っていません。代表的な会社を2つ、見ていきましょう。

博愛社(埼玉県さいたま市)の評判

1つ目には、埼玉県さいたま市博愛社を選びました。創業は1960年と、大変歴史のある会社です。2016年12月にはさいたま市の「ふれあい福祉基金」に対して寄付を行い、さいたま市長から表彰を受けています。

いちばんの特徴は、支社・ホール共に24時間対応をしていること。お葬式が必要になるタイミングがいつ来るかは、なかなか予想することができません。すぐに相談できると安心できます。

トップページでお葬式の価格を明示していることや、家族葬友人葬・無宗教などさまざまな形式のお葬式を選べることなども、高い評価を得た理由なのではないかと思います。

セレモア(東京都立川市)の評判

2つ目はセレモアです。こちらも1970年創業という老舗で、葬祭業では都内で初めて品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001を取得したことで知られています。更に、日本で初めて駅ビル内に評判の相談コーナー「セレモピアン」を設置したり、リッツ・カールトンで実践されている経営理念の実現方法クレド」を導入したりと、おもてなしの向上に力を入れていることが伺えます。

また、セレモアは特に評判のいい社会貢献活動に熱心。東京マラソンの救護室設置や、坂戸よさこい・日野よさこい祭といった地域イベントへの協力も行なっています。社長の辻正司氏も、奄美の瀬戸内町ふるさと応援基金に3年連続で寄付をしています。

このように、きちんとした方法を使えば、評判の良い葬儀会社を選ぶことができます。5つ星格付け葬儀社の仕組みをぜひ活用してください。